• 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

営業時間:平日9:00~20:00 土日9:00~12:00 電話:0120-506-005

地球を笑顔に!塗装で貢献

-

一般社団法人日本塗装協会

トラブル相談窓口

塗装業界は「トラブル業界」と言われており、まじめにきちんと施工されている業者も多数おられますが、残念ながら「詐欺まがいの業者」「手抜き工事業者」がいるのも事実です。 しかし、そのような悪質業者でなくても「塗装工事のトラブル」は絶えず、当協会や消費生活センターには、「塗装工事のトラブル」が多数寄せられております。

これらのトラブルに共通することは、お客様が「見積書の見方」「工事の内容」「契約内容」「保証内容」等について「無知」ということです。

ネットの時代ですので、お客様も塗料や塗装工事内容、塗装会社についてネットで調べる方が多くなってきておりますが、塗装会社によって言っていることが真逆だったり、使用塗料も工事価格もまちまちなので、「どの情報が正しいのか」「最適の塗料はどれなのか」「どれくらいの金額が適正価格なのか」などが判断出来なくなり、多くの方は、調べれば調べる程、何が何だかわからなくなってしまいます。

その結果、よくわからないまま、「価格が安かったから」「説明に来た人がいい人そうだったから」「長持ちする塗料だと説明されたから」「近くで塗装していたから」などの理由で契約してしまい、着工後、「説明された内容と違った」「説明した人は契約するだけで施工中に一度も来なかった」「追加工事で多額の請求された」などのトラブルが起きてしまいます。

塗装工事のトラブルは、「塗膜が剥がれた」「補修に来てくれない」「工事価格が高すぎた」などの「工事後のトラブル」が目立ちますが、実は、「工事途中」からトラブルがすでに発生していることが圧倒的に多いのです。

しかしながら、工事途中で納得がいかなくても施工している職人に直接言える方は少なく、ましてや工事をストップさせることなど出来ずにそのまま工事は進んでいき、納得がいかないまま工事は完工してしまい、工事代金を支払ってしまいます。

完工してから「話が違う」「契約内容が違う」と施工会社に言っても「なんだかんだ言われ」どうすることも出来ずに相談機関に相談もすることもなく、「泣き寝入り」をしてしまう「表に出ないトラブル」が相談機関に寄せられた相談件数以上に多数あることが予想されております。

以上のとおり、「塗装工事のトラブル」は、すでに「工事途中」から発生している場合が多く、また、「塗装工事のトラブル」は、減少するどころか年々相談件数が増加している状況ですので、「表に出ないトラブル」もそれ以上に増加していると思われることから、当協会は、「塗装工事のトラブル解決」に特化したトラブル解決の専門機関として「トラブルを未然に防止する対策」「トラブルになってしまった場合の解決法」等のご相談に対して的確なアドバイス、解決法をお伝えいたします。

「塗装工事のトラブル」は、「トラブルが起きないように未然に防止」することが一番重要になりますので、塗装工事をお考えの方からの「工事契約前」のご相談を始め、残念ながら、「工事途中」や「工事後」にトラブルが起きてしまった方は、「泣き寝入り」をせずに当協会にご相談ください。

【メールでのお問い合わせ】

法人概要

消費者庁

誇大広告の禁止について

全国の消費生活センター等一覧

個人情報に関する相談窓口

厚生労働省

塗料の安全性について

ページTOP

Copyright (C) Nihon Tosou Kyoukai All Rights Reserved.