• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

営業時間:平日9:00~18:00 土日・祝祭日休業 電話:0120-998-780

?地球を笑顔に!塗装で貢献?

一般社団法人日本塗装協会

  1. トップページ > 
  2. 最新情報 > 
  3. ガラスフィルム「断熱効果に根拠なし」 措置命令へ

2015-02-13

ガラスフィルム「断熱効果に根拠なし」 措置命令へ

窓ガラスに張るだけで冷暖房の効率が大幅にアップするとして大学や公共機関などに 
納入されているガラスフィルムについて、断熱効果に根拠がないとして、消費者庁が近く、 
フィルムの製造メーカーに景品表示法違反で措置命令を出す方針を固めたことがわかりました。 

 措置命令の対象となるのは、東京・文京区のフィルム製造メーカー「翠光トップライン」です。 
このメーカーが製造する窓ガラス用の「シーグフィルム」については、おととしまで窓に張る 
だけで「冷暖房効率が30~40%アップ」「夏涼しく、冬暖かい部屋になり、省エネに 
効果てきめん」などと、メーカー側が高い断熱効果を強調して販売していました。 

 フィルムの断熱効果について消費者庁はメーカー側に説明を求めましたが、十分な根拠が 
示されなかったため、景品表示法違反の措置命令を出す方針を固めました。今後、メーカー側は、 
消費者へ表示の誤りを周知し、再発防止策を求められることになります。 

 「シーグフィルム」は1平方メートルあたりの価格が工事費込みで1万5000円ほどで、 
ホームページなどによりますと、東大などの学校や公共施設、高級ホテルなどに納入されて 
いるということです。 

 メーカー側は「製品について問題はない。消費者庁への弁明についてはコメントできない」と 
しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2418456.html

 

 

都道府県別のお問い合わせ

防災・防犯塗装

厚生労働省

クラシアン

体育館塗装工事

中立な立場でお答えいたします。

任せて安心独自の職人検定制度

ページTOP

Copyright (C) Nihon Tosou Kyoukai All Rights Reserved.