• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

営業時間:平日9:00~18:00 土日・祝祭日休業 電話:0120-998-780

〜地球を笑顔に!塗装で貢献〜

一般社団法人日本塗装協会

  1. トップページ > 
  2. 節電塗装

塗装で節電が出来ます!!

日本塗装協会では、「遮熱塗料」「断熱塗料」「熱交換塗料」などを「節電塗料」と便宜上呼んでおります。
節電塗料は各塗料メーカーから多数の種類が発売されておりますが、確かに節電効果のある塗料からまったく節電効果のない塗料まであり、玉石混淆となっておりますので大変注意が必要です。

塗料選びが大切なのね!

どれくらい節電できるの?

屋根、外壁、窓ガラス等、建物すべて節電塗装する場合と屋根のみ、外壁のみ、窓ガラスのみと部分的に節電塗装する場合では当然節電効果は異なりますが、確かな性能の節電塗料で塗装した場合は、最大25%(冷蔵室)の節電効果が得られた実例があります。

電気料金が値上がりするから助かるわね!

窓ガラスも塗装できるの?

塗装出来ます。
ただし、こちらも多数のメーカーから塗料が発売されており、性能も様々で玉石混淆です。
塗装ではなく、遮熱フィルムも節電の効果がありますが、網入りガラスには貼れないなど万能ではありません。
日本塗装協会では、塗料と遮熱フィルムを使い分けを推奨しておりましたがどちらも万能ではないため日本塗装協会が推奨した塗料やフィルムを施工した現場を調査し、遮熱フィルムではなく、昨年の推奨塗料よりさらに良い節電塗料を推奨させていただいております。

※今まで推奨させていただきました窓ガラスの節電塗料や遮熱フィルムは性能的に問題があったわけではありません。

きちんと調査してるのね

節電効果だけではありません

節電塗料は、熱や寒さを反射したり吸収したりしますので、節電効果だけではなく、下地材の保護になります。一般塗料で塗装したものより屋根や外壁の下地材を保護し、屋根材や外壁材が長持ちいたしますので結果的に資源を大切にすることに繋がります。

節電効果だけではありません

塗装金額は高いのですか?

確かに一般塗料よりは節電塗料のほうが高いです。
だからと言って塗装工事全体の金額が一般塗料(シリコン塗料)の2倍も3倍もすることはあり得ません。
塗装会社の中には、節電塗料や特殊塗料になると一般塗料の2倍も3倍も金額が急に上がる会社がありますがこれには十分注意されて下さい。

塗装工事金額の内訳は大きく分けると下記のようになります。

会社の利益はまちまちですが良心的な会社は20~25%程度です

上記のとおり、塗装工事金額の半分以上は施工費が占めます。
材料費は一般塗料でしたら15%程度です。
安価な塗料(アクリル塗料・ウレタン塗料)でしたら10%以下です。

一般塗料で80万円の塗装工事を節電塗装にしても材料の差額だけですので160万円も200万円もするなんてことはあり得ません。
※塗料によっては施工費が上がることがありますがそれでもわずかな違いです。
塗料の差額も1缶で同じ㎡塗装出来る場合でしたら3~5万円です。


平均的な一般の戸建て(35坪程度)の場合でしたら塗料の差額は10~15万円です。
節電塗装にしたからといってもそれ程大きな金額の違いにはなりません。
この程度の差額でしたら節電効果でも元はとれますし、更に下地材を保護する性能があるわけですので総合的に判断して決して高いというわけではありません。
それなのに節電塗装の普及が遅れているのは、一部の塗装会社が一般塗料の2倍も3倍もの金額にしてしまうのも一因だと思っております。
繰り返しますが、一般塗料と節電塗装や特殊塗料の塗装の金額が大きく異なる業者は要注意です。

節電塗装は思ったほど高くないのね!

都道府県別のお問い合わせ

防災・防犯塗装

厚生労働省

クラシアン

体育館塗装工事

中立な立場でお答えいたします。

任せて安心独自の職人検定制度

ページTOP

Copyright (C) Nihon Tosou Kyoukai All Rights Reserved.